《沖縄で考えさせられたこと》

事務所のつぶやき

『みなさん こんにちは、ひさしぶりの温泉ハムリエです。』

沖縄へ旅行に行きました。那覇空港で、その日のローカル新聞を買い、私の目に飛び込んで来たのが『一日の食事 給食だけ』と一面の記事に、旅行気分が一気に吹き飛びました。

記事をつぶさに観ると、本島のある中学校のこと{毎日給食の時間に合わせて複数の生徒が現れる。一様にやせて顔色がよくない。ほぼ全員、給食が一日で唯一のまともな食事。食べ終えるといなくなる。30代の母親と兄弟3人で暮らす。母親は夜、飲食店で働く家庭。母親がネグレストで精神的に不安定で生活保護の手続きもできない、家は散乱し電気や水道を止められ公園のトイレで用を足している子。どの地域にも同じような子どもがいると学校の教論・・}沖縄は低所得で一人親世帯や若年出産の割合も高いとのこと。

一方、国は深刻な子どもの貧困問題を「子ども未来応援基金」を設立し寄付だけで済ませるようにも見えるが・・・・先が見えてこない。


今、来年の福岡県連協主催の研究集会(2016.2/28開催)実行委員会でも子どもを取り巻く状況で、虐待・いじめ・貧困等の問題を論議しています。

ある大学の教授は「社会が取り組む意義は、まず子どもの権利をまもること『貧困=経済困窮』と捉えがちだが、お金がないことだけが問題ではない。社会的孤立や虐待などのリスクが高まるという問題がある『かわいそう』だけでなく『社会の子ども』としてみんなで支えることが大事『自己責任論』では解決しない」とも。

旅行先でもこの問題は考えさせられました。帰り道に学童があったので見学をさしていただき、元気な子どもの様子、夕方には保護者が迎えにくる本土と同じ風景にホットして帰ってきました。                                                    

                                                                                                                                                                             

                         

<< >>

  • お気軽に相談ください

    お気軽に相談ください
    〒805-0067 福岡県北九州市八幡東区祇園2丁目4-22 TEL:093-662-6000
    Fax:093-662-6006

    福岡県学童保育連絡協議会HPバーコード
    福岡県学童保育連絡協議会

    【メールアドレス】

    gakuhoren@
    fukuoka-gkd.jp

    ※迷惑メール防止のため、上記メールアドレスの大文字の@を小文字の@に打ち変えて下さい。

  • 県連協紹介スライドショー

  • ログイン画面

    役員ログイン

    役員専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。


  • 予定されているイベント

    開催予定のイベント
  • 開催が近いイベント

    12月
    16
    10:00 AM 第37回県研究集会第4回実行委員会
    第37回県研究集会第4回実行委員会
    12月 16 @ 10:00 AM – 12:00 PM
    議題 分科会の内容を深める 当日の役割分担 進行状況 参加目標確認 今後のスケジュール確認
    1:00 PM 2018年度第3回役員会
    2018年度第3回役員会
    12月 16 @ 1:00 PM – 4:00 PM
    議題 【報告事項】 事務局報告 第53回全国学童保育研究集会 全国運営委員会九州ブロック会議㏌沖縄 第44回全国学童保育指導員学校準備会 前回以降の活動報告 [協議事項] 2018年度活動方針の具体化 ブロック別運営委員会 第37回福岡県学童保育研究集会 地域報告  
  • 日本の学童ほいく

    月刊誌:『日本の学童ほいく』

    月刊誌:『日本の学童ほいく』

    HPから注文できます。
    ご注文はコチラ